小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、事情があって就職を選んで結局OLになりました。


新卒で勤め始めた新人看護師や、他の病院から転職してきた看護師の場合、病院によりますが、残業代がちゃんと払って貰えないことがあるようです。ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないと言うのは、労働者が新人かどうかは別の話で労働基準法に反した行為です。就業時間の内にできなかったシゴトを時間外にしているだけ、等と考えず、せっかく働いたのならその時間分、手当として支払われなければなりません。看護師がするシゴト内容は、入院病棟と外来で、さらに、小さな個人病院か、大きな総合病院かでも、変わりますが、病気を発症した人や怪我をしている人の看護やお世話が主となるでしょう。心細くなりがちな患者のあなたがたに、安心して病気や怪我の治療をするためにも、看護師という存在はなくてはならないものです。仮に、看護師のシゴトをこなしながら経済的な余裕を望むなら、パートなどのシゴトがあります。シゴトが休みの日を活用して他のシゴトをする看護師は毎年増えてきています。副業の利点は、暇な時間を有意義に使うことが出来て、別のシゴトをすることで憂さ晴らしにもなる事です。今、日本ではEPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの外国人看護師候補生の受け入れを行いいます。とは言え、日本語で作製された看護師の国家試験を受験し、3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には自分の国に帰らなければなりません。勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、国家試験に受かり看護師となるために勉強までしなければならないということで、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。やはり、看護師の場合であっても転職が何回もあるとマイナス評価となるのかというと、絶対沿うであるとは言えません。自己PRの方法を工夫すれば、意欲的で経験を持っているというイメージを持ってもらうこともできます。とは言っても、勤務の年数が短過ぎてしまうと、採用したとしても少ししたらまたやめてしまうのではないかと思われる可能性が高いでしょう。病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。患者に不信感を与えないためにも、看護師は服装や外見を意識しておく事を忘れてはいけません。女性のケースでは、派手なメイクは避けてTPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのがおススメです。スッピンとはまた違って、患者に与える印象も良くなるでしょう。ナースは病棟の同僚とどんちゃん騒ぎする事があります。忙しい病院なので、みんな参加することは難しいものですが、なんとか合間を縫って飲み会に行きます。普段言えない話も話せるので、ストレスが昇華されて飲み会はとても盛り上がります。看護師免許を得るには、何通りかのコースが考えられます。看護師免許を取得するには、国家試験を受験しなければならないのですが、突然、試験を受けることは認められていません。受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護を学ぶことが必要です。小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、事情があって就職を選んで結局OLになりました。でも、夢を諦められませんでした。思い切って転職して、無資格でもはたらける医療施設などではたらく事も選択肢の一つでしたが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、現場で看護助手としてはたらくと同時に看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。この方法で看護師の夢を叶えたいです。勤務時間について、看護師というおシゴトには、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、結構、融通の利く部分があります。他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、園児や小学生などの母親をしながらであっても大きな負担を感じずにはたらくことが可能である、とされます。小さいコドモがいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるのです。基本的には、勤務時間は8時間というのが普通です。