「看護師資格を持っています」という事実は、意外にその他のシゴトでも役立てられることがよくあるといいます。

看護士も看護師と呼ぶのも基本的には同じ職業です。どの点がちがうかというと、かつては、男性を看護士、女性を看護婦と呼ぶように性別で区分して称していたものです。今は、男性も女性もいっしょに看護師という呼び名に一本化されています。看護師を志望するようになった要因は、具体的に何をきっかけにして看護師になろうとしたのかを交えると良い印象を与えます。転職時の志望動機は、今までのキャリアを生かしたい、さらに周囲の役に立つ技術を習得したいなど、前むきな姿勢を印象づけてください。前職に対する悪い発言は控えることが大事です。看護職の人がジョブチェンジを検討するときにはオンラインの求人マッチングサイトを使うのもお奨めです。看護職の募集は、職業安定所や求人情報誌には掲さいされていないケースも数多くあります。一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、非公開案件の転職情報を閲覧できるだけでなく、求人元を「気風」という点からも検討できます。できれば避けたい勤労条件(ないにこしたことはないかもしれませんね)に関するやりとりをお願いできる所も少なくありません。ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる看護師のシゴトですが、最もやりがいをおぼえるのは回復した患者さんが退院していき、その上、後になって、病院まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。そしてまた、患者さんのご家族に涙ながらにお礼を言われるような時も、このシゴトを選んで良かった、と心から思えます。よく知られている通り、シゴト自体は本当に大変なので、シゴトからやりがいを得られない場合は、きっと辞職しようと思って、悩むでしょう。看護師の資格について詳しく言うと、その免許には、看護師と准看護師の二種類が日本にはあります。一般的には、准看護師の資格で働いている人は、キャリアに磨きをかけるために、看護師の免許を取るべく努力します。准の字が付くか付かないかで、専門知識の差のみならず、待遇面でも、とても差があります。一般的に、看護師という職業は比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。場合によっては人の一生を左右する責任の重いシゴトですし、夜勤等、ハードな職業ですが、収入に面に注目すれば、他の職業より平均して高水準をつづけられることが特長として挙げられます。景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっているのです。これらの高給や安定性を重視するならば看護師を選ばないワケはないでしょう。実際の看護師資格取得の難易度はどれほどの難しさなのでしょうか。受験生全体の看護師国家試験合格率は90%近くが毎年合格できているようです。試験そのものも、学校で勉強しておけばそんなに難しい試験ではありませんので、特別に高難度な資格ではありません。病院で看護師として働く場合、勤務する時間が不規則な上にキツいシゴトだということも原因となり、他職種に転職する人も少なくないという話ですが、「看護師資格を持っています」という事実は、意外にその他のシゴトでも役立てられることがよくあるといいます。例を挙げると、病気になった人をどうあつかうかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、保育関係やリラクゼーションサロン等といったシゴトでは、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。修学旅行や一般向け旅行企画に同行し、怪我や病気の応急対応をしたり、病院を探す看護師もいます。母親として子育てをしている人は週末の待遇が優遇されていたり、日勤のみの職場を探しているものです。特別な場所で勤務するには、その場に似つかわしい専門の知識をマスターしている認定看護師や専門看護師の資格を取得しておけば、採用されやすくなります。看護師は今も慢性的に人手が不足しています。この人手不足をなんとかするには、看護師の資格がありながら看護のシゴトをしていない方に、もう一度、看護師としてのシゴトに就いてもらうのが良いと考えます。沿うするには、柔軟な働き方が出来るように、医療機関が悪い部分を改めていくことが必要です。